世にも奇妙な乳癌闘病記

ひとりでも救われる人がいるなら…とブログを始めました。
肺の難病、乳がんステージ4は健在ですが何の治療もしていません。
にもかかわらず進行もしていません。
ですから病気や治療の参考にはならないブログです。

それでもこの奇妙な現実を知りたい方は、ぜひ最初から読んでみてください。
信じるか信じないかは全てお任せいたします。

いとこ

お盆休みを利用して。

妹家族が帰省しました。


2歳になった甥っ子も。

もちろん一緒です。



うちのチビ。

すっかりお姉さん気取りです。




『いとこ』って。

普通にいるものだと。

ずっと思ってました。


でも。

いない人も。

いるんですよね。


妹のご主人が。

そうなんです。


『いとこ』って感覚も。

わからないんですって。



それを聞いたときは。

かなりの衝撃でした。



私にはいとこが12人いて。


それが普通だと。

思ってましたから。



当たり前にあるものって。


持っていない人に。

会って初めて。


その存在の価値に。

気付かされるんですね。




いとこたち。


子供のころは。

行ったり来たり。


来たり行ったり。



親同士が兄弟だから。

大人も子供も。

気兼ねがなくて。


同じおじいちゃんに。

同じおばあちゃんだから。

何にも心配いらなくて。



私はいとこに。

たくさんのこと。

教えてもらいました。


自転車の乗り方も。

ガムの膨らませ方も。


挨拶をすることも。


それから。

私の欠点も。


一緒に育ったいとこが。

全部教えてくれました。



大人になると。

冠婚葬祭くらいしか。

顔を合わせなくなって。


元気かな~って。

思いました。



次に顔を合わせる時が。

私の最期でないことを。


祈っています。。。











お願いいたします

  ↓↓↓