世にも奇妙な乳癌闘病記

ひとりでも救われる人がいるなら…とブログを始めました。
肺の難病、乳がんステージ4は健在ですが何の治療もしていません。
にもかかわらず進行もしていません。
ですから病気や治療の参考にはならないブログです。

それでもこの奇妙な現実を知りたい方は、ぜひ最初から読んでみてください。
信じるか信じないかは全てお任せいたします。

遺言

『もしも』


その時のために。


ここに。

綴っておきます。


何かあったときは。

雅ちゃん。


これを家族に。

届けてください。






まず。

主人へ。


野菜はちゃんと。

食べてください。


お魚もちゃんと。

食べてください。


朝はちゃんと。

自分で起きてください。


お弁当に文句は。

言わないでください。


お風呂掃除も。

お願いします。


飲み過ぎにも。

気をつけてください。


靴下はちゃんと。

洗濯機へ入れてください。


おばあちゃんとの会話。

イライラしないで。

ちゃんと聞いてあげてください。


子供達の話も。

ちゃんと。

聞いてあげてください。


そして。

ときどきギューッて。

してあげてください。



それから。


泣きたいときは。

どうぞ泣いてください。


天国で私。

見守ってますから。





次に。

子供達へ。


『夢は叶います』


夢を目指してください。





気づけば。

私。

主人の心配ばかりでした。




雅ちゃん。

私。

やっぱり遺言は。

必要ないみたいです。




果てしなく不器用な。

主人を置いて。

私は先に逝けません。


果てしなく不器用な。

主人を私が看取るまで。


雅ちゃんも。


私と一緒に。

いてくださいね。



それからまた。

いろんなことを。

お話しましょう。


そして。

喧嘩もまた。

するんでしょうね。










お願いいたします

  ↓↓↓