世にも奇妙な乳癌闘病記

ひとりでも救われる人がいるなら…とブログを始めました。
肺の難病、乳がんステージ4は健在ですが何の治療もしていません。
にもかかわらず進行もしていません。
ですから病気や治療の参考にはならないブログです。

それでもこの奇妙な現実を知りたい方は、ぜひ最初から読んでみてください。
信じるか信じないかは全てお任せいたします。

想定外のこと

『KUMONに行きたい☆』



先月に長女が言い出した。




は?


くもんって。。。あの公文?



『なんで?』


つい聞いてしまった私。



『頭良くなりたい☆』



なんだとさ。




『へ~~~

 じゃあ見学に行こうか』



面倒くさいとは思ったけど。

子どもがやりたいことは。

やらせてあげたい。


カツカツのビンボーでも。

やらせてあげたい。




KUMONへ見学に行って。


『私やる☆』


張り切った長女。



まじで?


まじでやるの???




特別にお試し期間を頂いて。

その期間を終了して。


今月からは本格的に。

やると決めてきた長女。



まじで?



長女の夢はパティシエだから。


あなたにお勉強なんてもの。

必要ないんじゃない?


学校で充分なんじゃない?




ピアノの時みたいに。

すぐに辞めるんじゃない?





あ。そうか。


1年で辞めたピアノ。


あれはパティシエに必要なだけの。

大事なものを学んだのか。


音楽ではなく。

左右の指の器用さだとか。

そんなことを身につけるために。


長女はピアノを選んだのか。



習いたいと言った動機は。


『友達が習っているから☆』


極めて不純だったけれど。



自分に必要なものを知っていた。

そういうことか?




そしたらKUMONも。

自分に必要な事だけを学んだら。

長女は『辞めたい』と。

言うのかも知れない。



でもなぜKUMON?






先週の学校行事。

自然教室という1泊旅行へ。

行って来た長女。


長女はなぜか。

“給食のおばさん”に憧れて帰宅した。



みんなの給食を作るおばさんが。


とっても素敵に見えたのだそうだ。




なるほどね。


だからKUMONなのね。



長女は算数がやりたいんだとさ。




このメニュー◯◯人分を作るには。

この野菜をどれくらい。

あの野菜をどれくらい。


発注するのかも知れないしね。



カロリーがこの位だから。

主食と副菜のバランスと。


デザートの甘味バランスやなんか。



栄養士の資格でも。

取るのかも知れないしね。



◯◯グラムだとか。

◯◯キロカロリーだとか。


料理嫌いの私には。

全く未知の世界だけれど。



長女にはちゃんと。

自分に算数のスキルが必要なこと。


分かっているのかも知れないね。




算数は嫌いだけど。

やりたいんだとさ。





夢。叶うといいね。






必要なことだけ学んだら。

また辞めたくなるんだろうね。


ピアノの時みたいにさ。



あの時はパパもおばあちゃんも。

『根性がない』とか言ったけど。


多分それはどの大人も必ず。

口にすることかも知れないけれど。




大丈夫。


ピアノの時みたいに。

『じゃあ辞めようか~』

ママだけは認めてあげる。



次のステップに行くんだな~と。


ママだけは応援してあげる。



後ろめたさを持たせずに。

辞めさせてあげることも。


親がしてあげられる。

子供が夢を叶える手助けかも。

しれないからね。



好きなように。

やったらいいよ。







ただ。。。


予想を上回る想定外なこと。。。




次女もKUMONへ行くんだとさ。



算数をやるんだとさ。



コイツはまだまだ。

得体が知れないのよね。。。












お願いいたします

  ↓↓↓