世にも奇妙な乳癌闘病記

ひとりでも救われる人がいるなら…とブログを始めました。
肺の難病、乳がんステージ4は健在ですが何の治療もしていません。
にもかかわらず進行もしていません。
ですから病気や治療の参考にはならないブログです。

それでもこの奇妙な現実を知りたい方は、ぜひ最初から読んでみてください。
信じるか信じないかは全てお任せいたします。

激痛の果て

本日2度目の更新です!



なぜなら。

子供たちは実家へお泊まりで。


主人はすぐ裏の公民館で飲み会。


私はひとりを満喫しているから♡



と言いたい所だけど。

この状態ではね。。。( ノω-、)



ひとり。

痛みを噛み締めておりました。



そして。

考えておりました。



骨転移の痛みを。。。



癌の痛みを。。。




私のギックリ腰の痛みなんて。

何もなければただの鈍痛で。


だけど咳なんてしようものなら。

ひとたび激痛へと変わり。


痛みで寝てもいられなくなる。




ひたすら患部を押さえて祈るだけ。


治まって。。。って。




この痛みが続く癌って。

どんな状態なんだろう。。。




殺してくれって思うのかな。



そんな痛みなんて。

恐怖でしかないよね。



いつまで続くか知れない恐怖。



治らないんだと悟る恐怖。



このまま死ぬまで続くのか。

終わりのない恐怖。



自分が自分でいられるのか。


明日は来るのか。


得体の知れない恐怖。



それでも悟られたくない。

自分のためのプライドと。



絶対に治すと望む意思と。



もう駄目なんだと。

絶望感ゆえの無気力と。



それでも助けてと。。。






それを見守るしかできない人達も。



助けてあげたい。



代わってあげたい。



それでも生きていて。。。






そして最後に思うこと。


『課題』やっておけば良かったな。



だとしたら!



やっぱり今。


『課題』をやるしかないのです。




1度『死』を覚悟した人間を。



なめんなよ!




命ひとつ掛けられないで。


幸せになろうなんざ。



甘い!



必死でやれ!







はい。


私は私に渇を入れてみました。



はい。その通りです。



だからこそ。

この痛みが来たんでしょうね。


まだ終わってないぞ〰って。




自己管理ってヤツも。

今後の私の課題でもありますな。




激痛と課題の辛さ。

どっちを取る?って聞かれたら。


間違いなく『課題』

やるしかないですよねぇ。












お願いいたします

  ↓↓↓