世にも奇妙な乳癌闘病記

ひとりでも救われる人がいるなら…とブログを始めました。
肺の難病、乳がんステージ4は健在ですが何の治療もしていません。
にもかかわらず進行もしていません。
ですから病気や治療の参考にはならないブログです。

それでもこの奇妙な現実を知りたい方は、ぜひ最初から読んでみてください。
信じるか信じないかは全てお任せいたします。

激痛

『なんかヤバいぞ。。。』


感じてから約2週間。



気をつけていたのに。

日に日に痛みは強くなり。



ついに今朝。

止められなかったクシャミをひとつ。



ギックリ‼



やってしまったよ〰〰〰💦



人生初のギックリ腰。



最悪💧



動けないほどの激痛💦



立つこともできず。


顔さえ洗えず。


子供に傘を持ってきてもらい。

傘を杖代わりにヨタヨタと。。。



何とか顔だけ洗って。

朝一で整形外科へ💨💨💨



注射いてぇ〰〰〰💢



『強いの打っておきましたよ~』


先生の爽やかなこと!




ヨタヨタと診察室を出ると。


笑っている誰かがひとり。



なんとご近所のママさん。



私の歩幅20㎝の歩きと。

私の廃れたジャージ姿に。


笑いが止まらないらしい💧



笑っちゃって!

笑っちゃってよ!!



会計をしている私の姿を見ながらも。


ご近所のママさんってば。

笑いっぱなし。



治ったらネタにしてね。


祭りの時期じゃなくて。

ホント良かったよね~って。


また笑っちゃってね。






帰り道。


骨転移の痛みって。

こんなもんじゃないのかな~とか。


もっと辛いんだろうな~とか。


いろいろ考えた。




そして。


人の不幸と比べながら。

今の状況はまだマシなんだと。


自分より不幸な人を探すことも。


これも自分を保つためなんだと。

改めて思った。



『人の不幸は蜜の味』


何かであったよね。



これを私は否定できない。


自分の醜さなんて山ほどある。




だけど。


人の幸せを素直に喜べないような。

そんな人間には絶対に。

なりたくないとも思う。




しっかし注射。


ぜんっぜん効かね〰〰〰💢











お願いいたします

  ↓↓↓