世にも奇妙な乳癌闘病記

ひとりでも救われる人がいるなら…とブログを始めました。
肺の難病、乳がんステージ4は健在ですが何の治療もしていません。
にもかかわらず進行もしていません。
ですから病気や治療の参考にはならないブログです。

それでもこの奇妙な現実を知りたい方は、ぜひ最初から読んでみてください。
信じるか信じないかは全てお任せいたします。

親孝行な子供たち

ピカピカの1年生になった次女。

無事に初登校を果たしました。



登校2日目の今朝は。

お姉ちゃんより早く起きて。


お姉ちゃんより早く着替えて。


お姉ちゃんより早く。

全ての支度を終えました。



1年生はまだ給食がないので。

お昼前には帰ってくるのですが。


次女にとっては半日でさえ。

自分の世界が変わるほどの。

重大で大切な時間です。




親はしばらくの間。

帰りは幹線道路まで。

迎えに出なくてはいけないので。

少々面倒ではあるんですけどね。



お昼前。

迎えに出てみて。


長女の時と。

同じことを思いました。


『かわいい~♡♡♡』


黄色い帽子の集団。

ぐちゃぐちゃにしてやりたいくらい。

おそろしく可愛いです♡♡♡


この子たち全員。

自分の子供だったら♡♡♡と。


まるで鬼子母神の心境でした。




私を見付けて走ってきた次女。


『かわい過ぎるゎ~♡♡♡』


思ったのも束の間。



次女は私の腕には飛び込まず。


『もう来なくていいよ☆』



チーン。。。(・_・、)




そう言えば長女も。

登校2日目にして。

同じセリフを言いましたね。


『もう来ないで☆』




もうママは必要ない?





なんて楽なんでしょう~♡



思えばうちの子供たち。

お腹の中にいるときから。

親孝行してましたね~。


つわりなんてもの。

全くなかったのでね。


妊婦生活。

満喫してましたわ~♡




昨日は昨日で長女。

珍しいことを言いました。


いつもは嫌がるお風呂掃除。


『遊びに行くから時間がないよね☆

 だから今やってから遊びに行くね☆』


自ら進んでやってくれました。



素晴らしい子供たち。



なんてことでしょう♡





理由はただひとつです。


ママの夢を応援しているんです。

無意識ですけどね。



実は日曜日に。

初の絵本の打ち合わせに。

いよいよ入るんですよ。



だから子供たちは。

無意識でちゃんと。

ママの足枷にならないように。


自立を始めてくれたんです。




やはり『絵本』の道は。


間違いではなかったんですね。



この私の背中を子供たちに。

見せられることが。


親としての唯一の誇りです。





みなさんご存じですか。


子供は親を夢に向かわせてくれる。

唯一の存在なんですって。



子供が手に負えないなと。

悩んでしまった時には。


その事から離れて。

自分を見つめ直してみてください。



やりたいこと。

やっていますか?



『好きなことやりなよ~』


子供から親への。

重要なメッセージかも。

しれませんよ。










お願いいたします

  ↓↓↓