世にも奇妙な乳癌闘病記

ひとりでも救われる人がいるなら…とブログを始めました。
肺の難病、乳がんステージ4は健在ですが何の治療もしていません。
にもかかわらず進行もしていません。
ですから病気や治療の参考にはならないブログです。

それでもこの奇妙な現実を知りたい方は、ぜひ最初から読んでみてください。
信じるか信じないかは全てお任せいたします。

田舎のオカン

東京へ行って。

思い出した事がありました。



私が20代そこそこの頃。


東京のとある会社の社長さんに。

プロポーズをされたことが。

そういえばあったな~って。



その社長さんは当時。

30代半ばだったハズです。



出会ったばかりの。

結婚すら考えていない。

田舎者の小娘に。


なぜプロポーズ?



『社長さんってバカなのか?』



周りにはいない。

この奇妙な人種の存在に。


ハテナがいっぱいでしたね。



だって私。

名前も年齢も。

本当のこと言ってなかったし。


大体その社長さんとは。

お付き合いすらしていないのに。



おかしな人もいるもんです。



だからもう。

名前も覚えちゃいませんけどね。



良い経験ではありました。




でももし。

その社長さんと結婚をしていたら。


今頃はセレブな生活を。

当たり前のように。

送っていたのかもしれませんね。



惜しかったかな。。。


思うことはありましたが。



その社長さんからもらった。

ティファニーの腕時計の。

価値すらわからない私だから。


セレブな生活の意味も。

もちろんわかりゃしませんけどね。



私にはやっぱり。

『田舎のオカン』が。

1番しっくりくるんですよ。




雑談で聞いてくれたF氏だけは。


『社長クラスのサポートが

 出来るくらいの器が

 りゅうみさんには

 あるって事じゃないですか』


言ってくれたんですけど。



それは違いますね。



手が届かないくらいの。

素敵な社長さんが世の中には。

たくさんいるって言うのに。


私の目の前に現れたのは。


ハテナだらけの。

理解不能な社長さんですからね。




だってその社長さん。


私に興信所まで付けたんですよ。



キッチリお断りした。

腹いせでしょうか。


プライドでしょうか。



興信所も興信所で。


小娘にバレバレなこと。

わからないんですかね~。



姿を見せないことだけは。

プロだとは思いましたけど。


並々ならぬ視線。

受けまくりでしたわ。






それでもその後。


本気で『結婚』を考えたとき。




『幸せってなんだ?』


真剣に考えたんですよ。




『幸せ』って。


誰かにして貰うものでは。

決してないんです。



『この人なら私を

 幸せにしてくれる』


そんなことも決してありません。




『幸せ』って。


人からして貰うものでは。

絶対にないんですよね。



小娘時代の私ですら。

分かりましたから。


みなさん分かっていると。

思っていたんですけどね。



気持ちと理想と現実と。

バランスが取れていない人。

結構いたりして。。。


田舎のオカンは戸惑います。




『幸せにしてくれる人』なんて。


この世にはいやしません。



だからこそ。


『幸せにしたい人』を。


見つけてほしいなと。



一緒に幸せになりたい人を。

引き寄せてほしいなと。



田舎のオカンは。


今日も願うんですよね。










お願いいたします

  ↓↓↓