世にも奇妙な乳癌闘病記

ひとりでも救われる人がいるなら…とブログを始めました。
肺の難病、乳がんステージ4は健在ですが何の治療もしていません。
にもかかわらず進行もしていません。
ですから病気や治療の参考にはならないブログです。

それでもこの奇妙な現実を知りたい方は、ぜひ最初から読んでみてください。
信じるか信じないかは全てお任せいたします。

意味

起こる物事には必ず。


『意味』があるんだそうです。




気付いてもらうために。


良くない事が。

起こるんだそうです。




気付かなければきっと。

その現状は良くなる所か。


悪い方向へと。

歩みを進めてしまいます。





とある介護職員のβさん。

50代の女性ですが。


かれこれ入院が長引き。

すでに3ヵ月が。

経とうとしています。



現在は休職中ですが。


介護職員とは言え。

介護される側の気持ちを。

考えていないからの結果だと。

F氏は言いました。


ただ目の前の仕事を。

こなすだけだったのでは。

ないのでしょうか。




だから。

介護される側の気持ちを。


病気の人の気持ちを。

理解してもらうために。


βさんは入院になったのだと。

F氏は言いました。





起こる物事から。

何かを学ばなければ。

先には進めません。



起こる物事から。

何かを学ばなくては。


全ては『意味』がなくなります。




起こる物事には全て。


『意味』があるのです。




ただβさんの場合は。

βさんだからこそに。

起こった物事であって。


全ての人が。

そうであるとは限りません。



本人から話を聞かない限り。

F氏にも答えは。

わからないんだそうです。




それでも。


起こる物事には必ず。


『意味』があるんだそうです。




そしてそれらは必ず。


結果として。


自分にとってプラスになる。

物事なんだそうです。









お願いいたします

  ↓↓↓