世にも奇妙な乳癌闘病記

ひとりでも救われる人がいるなら…とブログを始めました。
肺の難病、乳がんステージ4は健在ですが何の治療もしていません。
にもかかわらず進行もしていません。
ですから病気や治療の参考にはならないブログです。

それでもこの奇妙な現実を知りたい方は、ぜひ最初から読んでみてください。
信じるか信じないかは全てお任せいたします。

自分の『器』以上のものは。


決して。

手にすることはできません。




自分の『器』以上のものを。

求めて人に頼っていたら。


そこには必ず。

ひずみが入ります。


そして必ず。

トラブルが起こるように。

この世の中は出来ています。





前にお話した。

お琴の先生のお話を。

思い出してみてください。


この方は。

充分な『器』があったからこそ。


フラメンコを習いに行っただけで。


あっという間に。

世界で活躍するまでになりました。



こういう方は早々いないと。

F氏も言うほどでしたから。





『器』ってまさに。


『器』なんですよ。



どれだけ入れられるか。


まさに人間性ですね。



たくさん入れられるように。

『器』を大きくするには。


“自分を見つめること”


これしかないそうです。



そしてやっている中で。


“何を学ぶか”


ここなんだそうです。



だから嫌いな人が。

目の前に現れるんですね。


『もしかしたら私も

 こうなんじゃないかな』


振り返ってみると。

まさに思い当たったりします。




おかげで私は。

課題が山積みです。


クリアしても。

クリアしても。


未だに先は見えません。



ひとつクリアしてやっと。

次の課題が出てきます。


その繰り返しです。



そんな中でも少し。

私が楽しめているのは。


やっぱり私が。

バカだからなんでしょうね。



バカも役に立つもんですね。



時々『クサダラ祭り』も。

やっちゃうんですけどね。











お願いいたします

  ↓↓↓